ホーム派遣で働きたい

派遣とはそもそもどんな働き方?

紹介予定派遣とは、
派遣先企業との直接雇用(正社員または契約社員など)を前提に、一定期間(最長6ヵ月)を派遣スッタフとして働いた後、あなたと派遣先企業が「ここで働きたい」「働いて欲しい」と双方が合意した場合、直接雇用で就業出来るシステムです。

派遣期間中に、企業の雰囲気や仕事内容、職場環境を見極めることが出来、お互いのミスマッチを防ぐ事が出来る新しい転職スタイルとして注目されています。

紹介予定派遣を導入している企業では未経験者を採用するケースが多く、本人の努力次第では新たな分野へ挑戦することが可能です。

なぜ派遣で働くの?

あなたの回りにも、派遣で働いている人がたくさんおられることでしょう。
今、なぜ派遣で働く人、働こうとする人が多いのでしょうか。
理由は個人によって様々だと思いますが、派遣という働き方には多くのメリットがあります。

自分が今まで築いてきたキャリアを生かしてさらにスキルアップをしたいとか、全く新しい仕事にチャレンジして自分の能力の幅を広げたいなどが理由として挙げられます。
そして、やはり自分のやりたいことに合わせてお仕事を選べることです。

それぞれのライフスタイルに沿ってプライベートとお仕事の比率の調整が柔軟にでき、
賢い時間の使い方ができます。

また派遣は、仕事内容が契約によって定められている為、契約外の仕事をすることは基本的にありません。
会社の都合による異動といったものもないのです。
派遣はこのように自分の生活や、目的を中心に考えることのできる自由度の高い雇用形態なのです。

派遣で働くときの心構え

派遣で働くお仕事内容が、契約で定められた業務内容と著しく異なる場合、
派遣先の責任者と当社の労務担当者に必ず相談するようにしてください。

ただし、契約で決められている業務内容以外のお仕事を命じられた場合や許容範囲の残業であれば、
人間関係を円滑にするためにもできるだけ協力するようにしましょう。

派遣で働くと、会社のいろいろな情報を知ることもあります。
業務上知り得た企業秘密はたとえ家族であっても口外してはいけません。
特に気にしていなくても、非常に機密性の高い情報かも知れません。

また、お仕事の紹介の際には、仕事内容、条件など、自分の希望に合っているかどうかよく考えた上で引き受けましょう。
せっかく働いていただいているのに、途中で退職すると派遣先に迷惑をかけるだけでなく、 派遣会社の信用を失い、ご自身の信用をも失います。
止むを得ない事情が発生した場合は速やかに担当者にご相談ください。

派遣で働いてみよう

派遣で働くためには、人材派遣会社に登録をする必要があります。
派遣の登録をするには直接電話をする方法とホームページから簡単なエントリーをするという方法があります。

どちらの方法も仮登録の段階ですので最終的に派遣会社にて本登録をしていただくことになります。
ここで、あなたの要望や条件などをしっかりと話しておくことが重要です。

派遣で働くとわかりますが、実際の職場では、社員と何ら変わりありません。
雇用形態が異なるだけであって、派遣だからと遠慮することもありません。
普通の一社会人として働くことが一番だと思います。

ご案内

お仕事情報

アクセス

小田急線 向ヶ丘遊園駅北口 徒歩5分

大きな地図で見る

お問い合わせシート

ページのTOPへ